メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY円、107円後半 米中対立激化警戒で円買い先行

 ニューヨークのウォール街(ゲッティ=共同)

[PR]

 22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比01銭円高ドル安の1ドル=107円55~65銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・0899~0909ドル、117円30~40銭だった。

 米中対立激化に対する警戒感から円買いドル売りが先行した。その後はドルを買い戻す動きもあり、もみ合った。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです