特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

佐賀のタマネギ農家に打撃 外食自粛、給食中止で価格大幅下落 出荷量全国2位

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出荷調整のため畑に置かれたままのタマネギを見つめる片渕さん=佐賀県白石町で2020年5月21日午後2時57分、池田美欧撮影
出荷調整のため畑に置かれたままのタマネギを見つめる片渕さん=佐賀県白石町で2020年5月21日午後2時57分、池田美欧撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による外食自粛などで、全国2位の出荷量を誇る佐賀県産タマネギの価格が大幅に下落している。今年は豊作で質の良いものができていただけに、農家は落胆の色を隠せない。JAさがは31日まで出荷を遅らせる緊急措置を取っている。【池田美欧】

 収穫が盛んな白石町の畑では、収穫時期を迎えたタマネギがずらりと並んでいた。県たまねぎ部会長の片渕康弘さん(68)は「一番良い旬の時期に価格がどんと落ちてしまった。肥料などこれまでかかった経費もまかなえず、次年産用の種を買うための収入もない」と頭を抱える。

 2018年産の県産タマネギの出荷量は10万9200トンで、北海道の67万4700トンに次いで全国2位。タマネギは約6割が業務用や加工用だが、政府の緊急事態宣言を受けた外食自粛や学校休校による給食の中止などで需要が低迷。北海道産と佐賀産が共に豊作だったため需給バランスが崩れた。JAさがによると、3月は1キロ当たり平均118円でほぼ前年並みに推移していたが、4月中旬以降に価格が急落。4月は同59円と…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1241文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集