メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そごう・西武百貨店、首都圏再開 生活必需品の売り場、1カ月半ぶり

生活必需品を扱う売り場を再開した百貨店、西武池袋本店の入り口で検温を受ける来店客=23日午前、東京都豊島区

[PR]

 そごう・西武は23日、新型コロナウイルス感染防止で食品売り場を除いて臨時休業していた首都圏の百貨店で、約1カ月半ぶりに衣料品といった生活必需品の売り場を中心に営業を再開した。西武池袋本店(東京)など埼玉、千葉、神奈川を含む4都県の計8店で、政府の緊急事態宣言を受け4月8日から休業していた。

 感染防止対策として店舗の入り口などに消毒液を設置。館内の消毒や換気の徹底に加え、従業員に検温を実施する。宝飾品や美術品の売り場などは当面、休業を続ける。

 池袋本店では午前10時の開店前から50人以上が列を作り、開店すると検温を受け、手を消毒してから買い物を楽しんだ。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです