メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米レンタカー大手ハーツが経営破綻 負債2兆円 コロナで需要が劇的減少

休業中のハーツの店舗=米ニュージャージー州で5月6日、AP

 米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスは22日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を東部デラウェア州の裁判所に申請したと発表した。米ウーバー・テクノロジーズなど配車サービスの普及で業績が悪化するなか、新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用減が追い打ちをかけた。

 今年3月末時点の負債総額は約190億ドル(約2兆円)で、破産手続きの対象は米国とカナダの子会社。ハーツ社は同日に発表した声明で、「新型コロナの影響でレンタカー需要が突然、劇的に減少した。コスト削減を進めたが、収益がいつ回復…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです