メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、接戦州ミシガンの人工呼吸器工場を視察 民主党知事の批判展開

視察先の工場でマスクを手に取るトランプ米大統領=米中西部ミシガン州イプシランティで2020年5月21日、ロイター

 ドナルド・トランプ米大統領(73)=共和党=は21日、中西部ミシガン州を訪問し、新型コロナウイルス患者向けの人工呼吸器を製造する工場を視察した。ミシガン州は11月の大統領選で勝敗を左右する接戦州の一つ。グレッチェン・ウィットマー知事(48)が野党・民主党の副大統領候補に取り上げられることから、トランプ氏は知事批判を展開した。

 「郵便投票から不正と乱用は切り離せない。そのような行為は片方(の政党)に集中している」。トランプ氏は訪問先の州東部イプシランティの工場で記者団にまくし立てた。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  5. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです