メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏が新型コロナ予防に推奨、自ら服用の抗マラリア薬 死亡率増加の可能性と米・スイス研究チーム発表

[PR]

 トランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症の治療や予防に推奨し自らも服用している抗マラリア薬について、入院患者に効果は見られず、死亡率や不整脈が増加する可能性が高いとの研究結果を米国とスイスのチームが22日、英医学誌ランセットに発表した。

 同薬投与の1万5千人と非投与の8万1千人を比べた大規模な分析。チームは「新型コロナ感染症を改善する可能性は極めて低い。投与は臨床試験に限るべきだ」と訴えている。

 新型コロナへの評価が定まっていない薬を政治的な思惑で宣伝する危険性に批判が強まりそうだ。トランプ氏は20日、近く服用をやめる方針を明かした。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです