メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAXA、月面探査機の打ち上げ2022年に1年延期

 JAXAの月面探査機「SLIM」の想像図(JAXA提供)

[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日までに、2021年度に目指していた月面探査機「SLIM」の打ち上げを22年度に1年延期すると発表した。米航空宇宙局(NASA)と共同開発して同時に打ち上げるエックス線天文衛星「XRISM」の開発が遅れているため。

 SLIMは月面の狙った場所にピンポイントで着陸する技術の確立を目指す。データは米国が24年の実現を目指す有人月面着陸にも活用される予定。

 XRISMは16年に軌道上で異常回転が起きて空中分解したエックス線天文衛星「ひとみ」の後継機。緊急時にエンジンを止める機能を追加する必要があると判断した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです