メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAXA、月面探査機の打ち上げ2022年に1年延期

 JAXAの月面探査機「SLIM」の想像図(JAXA提供)

[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日までに、2021年度に目指していた月面探査機「SLIM」の打ち上げを22年度に1年延期すると発表した。米航空宇宙局(NASA)と共同開発して同時に打ち上げるエックス線天文衛星「XRISM」の開発が遅れているため。

 SLIMは月面の狙った場所にピンポイントで着陸する技術の確立を目指す。データは米国が24年の実現を目指す有人月面着陸にも活用される予定。

 XRISMは16年に軌道上で異常回転が起きて空中分解したエックス線天文衛星「ひとみ」の後継機。緊急時にエンジンを止める機能を追加する必要があると判断した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです