メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米商務省、「ウイグル弾圧関与」中国の9企業・機関に禁輸措置

少数民族ウイグル族への弾圧に関与しているとして、中国の繊維メーカーなどに対し、米製品の輸出を事実上禁止するとした米商務省の発表

[PR]

 米商務省は22日、中国新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族への弾圧に関与しているとして、中国の繊維メーカーや人工知能(AI)ベンチャーなど9企業・政府機関に対し、米製品の輸出を事実上禁止すると発表した。米国の安全保障上や外交上の利益に反する事業者のリスト「エンティティーリスト」に追加する。

 米議会上院は14日、ウイグル族の人権侵害に関わった中国当局者への制裁発動を求める「ウイグル人権法案」を全会一致で可決しており、新型コロナウイルス対応や通商分野、香港の自治問題を巡って対立する米中の新たな火種となりそうだ。

 禁輸措置の対象は、ウイグル族を強制労働させている疑惑のある繊維メーカーのアクス・ホアフー・テキスタイルのほか、AIベンチャーの雲従科技(クラウドウオーク)、顔認識AIベンチャーの深網視界(センスネッツ)、通信機器メーカーの烽火通信科技(ファイバーホーム・テレコミュニケーション・テクノロジーズ)など。

 商務省の「エンティティーリスト」に登録された企業に米製品を輸出する場合は米政府の許可が必要となるが、許可申請は原則却下される。同省は昨年10月にも、中国監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)など28企業・政府機関に同じ理由で禁輸措置を発動している。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです