メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北欧諸国、「集団免疫」戦略スウェーデンとの移動再開に警戒感 コロナの死者多く

ショッピングセンターで新型コロナウイルスの感染拡大防止のため社会的距離を保つ人々。街には人が多い=スウェーデン・ストックホルムで5月12日、AP

 新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化したことを受け、ロックダウン(都市封鎖)の緩和に着手した北欧諸国が、スウェーデンとの人の移動の「再開」に警戒感を募らせている。ロックダウンをしないままのスウェーデンは、感染症による死者が他の北欧諸国に比べて格段に多いためで、「再開」に反対する声も上がっている。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、ロックダウンを実施した北欧各国の感染状況は22日現在で、ノルウェーが感染者8309人、死者235人▽フィンランドが感染者6537人、死者306人▽デンマークが感染者1万1428人、死者561人――となっている。

 これに対し、スウェーデンは感染者が3万2809人、死者3925人。人口が約1000万人のスウェーデンに対し、他の3カ国はいずれも500万人台と半分程度であることを差し引いても、スウェーデンの感染者数、死者数は3カ国に比べ相当多い。

この記事は有料記事です。

残り1035文字(全文1425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです