メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポストコロナの世界

パンデミックが民主主義を問い直す フランコパン氏「いまこそ歴史的大局観を」

オックスフォード大のピーター・フランコパン教授=写真家のジョニー・リング氏撮影

 「コロナ禍」の歴史的な位置付けから見えてくるものは何か。英オックスフォード大教授のピーター・フランコパン氏に尋ねた。

 感染症のパンデミック(世界的大流行)は通常、相当数の人が死亡する。14世紀に流行した「黒死病」(ペスト)の致死率は、欧州や中東で35%か、それ以上の高さだった。真の意味で社会変革をもたらすほどの犠牲者の多さだった。あまりに多くの人の命が失われたことによる「人口ショック」で労働者の人件費が上がり、(終息後に生き残った)社会の底辺層の人々は大きな利益を享受することになった。

 これに対して、今回の新型コロナウイルスのパンデミックでは、いくつかの国で数万人の死者が出ているものの、医療当局による介入や感染拡大を防ぐ試みによって、幸いそこまでの(社会変革的な)ショックは与えていない。

この記事は有料記事です。

残り3403文字(全文3752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです