メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、「珍味」食習慣が変わる? コロナ感染対策で野生動物取引への規制強まる

中華料理店などで頻繁に目にするようになった取り分け用の箸=上海市内で2020年5月15日、工藤哲撮影

 「食大国」の中国で、口にする動物や、食べ方などの食習慣に変化の兆しが生まれている。新型コロナウイルスの感染対策の一環で、政府が野生動物を食べることや皿や箸の使い方への管理を強めているからだ。22日に北京で開会した全国人民代表大会(全人代=国会)でも、食習慣の見直しが議論される見通しだ。

 「市場の中では売れないからこっちに来て」。江蘇省無錫市内の農作物市場の近くで15日、記者は男性に手招きされた。市場内では元々、野菜売り場の近くに生きた動物の売り場があったが、既に閉鎖され、壁の張り紙には電話番号が書かれていた。電話をすると、間もなく男性が現れた。

 市場から50メートルほど離れた場所で、生きたハトが1羽45元(約700円)で売られていた。男性によると、地元当局が最近、生きた家畜や野生動物への管理を強め、市場では取引できなくなった。「そのまま市場で売ったら罰金を取られる。仕方なく外でひそかに売っているんだ」と周囲の目を気にしていた。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです