メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初回はちばてつやさん 漫画家50人以上がコロナ禍の日常をリレー連載

ちばてつやさんが書き下ろした短編漫画「悪魂」の冒頭=講談社提供

[PR]

 講談社は22日、50人以上の漫画家が新型コロナウイルス影響下の日常をリレー形式で短編に描くプロジェクト「MANGA Day to Day」を始めると発表した。6月15日から同社の漫画サイト「コミックDAYS」(https://comic-days.com)や特設ツイッターアカウント(https://twitter.com/mangadaytoday)に掲載、無料公開する。

 プロジェクトでは、2020年4月1日以降の毎日を、漫画家たちが順々に1日1話ずつ作品化していく。同社の文芸ニュースサイト「tree」では既に、新型コロナの感染拡大を受けて制限生活を送る読者に向けて、小説家50人以上がリレー連載する「Day to Day」がスタートしており、その漫画版となる。

 トップバッターはちばてつやさん。特設ツイッターアカウントで先行公開されている短編「悪魂(あくだま)」は、コロナウイルスを漫画のキャラクターにしようと悪戦苦闘する漫画家を描いたユーモラスな作品だ。

 21年初めをめどに掲載作品を単行本化する予定。同社は「人々の生活様式が一変し、日々刻々と状況が変化するさまを、今を生活する読者だけでなく、100年後、200年後に生きる人々へも残していく」としている。【広瀬登】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです