メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ああ、コロナブルー

はみ出す「○んこ」に感銘 還暦記者、心のビタミン求め笑いとカレーを食す

本堂での「読経ライブ」の実演風景を見せてくれた池田智光住職。手前に撮影用のスマートフォンを置いている=東京都練馬区で2020年5月15日、鈴木琢磨撮影

 東京は早くも梅雨空のような日々。新型コロナウイルスの感染者数は減少傾向にあるとはいえ、還暦記者の気分はモヤモヤのままだ。いつ第2波、第3波に襲われるやもしれず、大不況へのおびえもある。散歩中、太陽を浴びれば、骨を丈夫にするビタミンDは摂取できるらしいが、コロナブルーを吹き飛ばす心のビタミンがほしい。そう念じていたら、すごく愉快なお坊さんがいるぞ、となにやら耳寄りな情報が寄せられたのだ。

 灯台もと暗し。わが自宅にほど近い練馬区上石神井にある智福寺住職、池田智光(ちこう)さん(43)のことだった。ツイッターがはじけていた。<ちこう@お坊さん みんなを元気にする 魂の伝道師>との自己紹介に続き、固定ツイートがある。<大福をガブり!! その瞬間「○んこ」がはみ出…

この記事は有料記事です。

残り2591文字(全文2923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです