メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「第2波ピーク過ぎた」 札幌市長、6月1日からの学校再開求める

札幌市役所=貝塚太一撮影

[PR]

 札幌市の秋元克広市長は22日、市の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、休園・休校が続く市立幼稚園や学校を6月1日から再開する準備を市教育委員会に求めた。休業が長期に及んでいることから「段階的に教育活動を再開する」として、市教委は再開後6月12日までは少人数・短時間の登園・登校とするよう通知した。

 秋元市長は市内の感染状況について「第2波のピークが過ぎ、収束まであと一歩という状況」との見解を示した。

 札幌を含む石狩管内でも25日から営業自粛要請などが緩和されるのに伴い「事業者は感染予防対策をしっかり行い、慎重に営業を再開してほしい。市民も店の対策を確認して利用を」と感染予防の継続を改めて求めた。【岸川弘明】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです