メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「書店は豊かさ映す鏡」 存続への緊急支援基金を有志呼びかけ 5月末まで

休業中に本の整理をしている中田茂美さん(右)と俊昭さん=三重県名張市中町で2020年5月15日午後2時38分

 新型コロナウイルスの感染拡大で存続の危機にさらされる書店を支援しようと、書店員や編集者などの有志がクラウドファンディング「ブックストア・エイド基金」への協力をインターネットなどで呼びかけている。基金への寄付金は参加書店に分配され、協力者には独自の「図書券」などの返礼を届ける。有志らは「書店を存続させる緊急支援をしたい」と話す。募集は5月末まで。

 支援対象は新刊・古書の書店で、4月30日から全国の書店への支援を呼びかけた。15日時点の参加書店は93店。三重県内からは名張市の「古書からすうり」と、伊勢市の「ブックカフェ古川書店」、紀北町の「BUMBLE BEE BOOKS」が参加している。翻訳者の柴田元幸さんや小説家の小川洋子さんらさまざまな分野で本に関わる人たちが賛同し、「本との出会いの最前線を、守りたい」(作家・古川日出男さん)などと応…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです