メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神社の池でカモのヒナ14羽かえる 見守る住民ら「元気に育って」 奈良 

つがいの親ガモの後ろをピヨピヨと鳴きながらついて泳ぐひな鳥=奈良県葛城市疋田で2020年5月22日午前9時29分、稲生陽撮影

 奈良県葛城市疋田の調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社の境内にある池でカモのひな14羽が卵からかえり、可愛らしい鳴き声を上げながらつがいの親鳥を追う姿が近くの住民らの笑顔を誘っている。間もなく餌を求めて近くの川や水田に移動するとみられ、住民らは「成長したら、また子育てに戻ってきて」と話し…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  5. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです