メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神社の池でカモのヒナ14羽かえる 見守る住民ら「元気に育って」 奈良 

つがいの親ガモの後ろをピヨピヨと鳴きながらついて泳ぐひな鳥=奈良県葛城市疋田で2020年5月22日午前9時29分、稲生陽撮影

 奈良県葛城市疋田の調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社の境内にある池でカモのひな14羽が卵からかえり、可愛らしい鳴き声を上げながらつがいの親鳥を追う姿が近くの住民らの笑顔を誘っている。間もなく餌を求めて近くの川や水田に移動するとみられ、住民らは「成長したら、また子育てに戻ってきて」と話し…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  2. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです