メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護動物園がクラウドファンディング目標達成 44日ぶり営業再開 福岡・飯塚

44日ぶりに再開した「ピクニカ共和国」。子どもたちはさっそくヤギへの餌やりを楽しんだ=福岡県飯塚市八木山で2020年5月23日午前10時27分、大坪菜々美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休園で経営危機に陥り、クラウドファンディング(CF)で寄付を募っていた福岡県飯塚市の保護動物園「ピクニカ共和国」が、当面の運営資金として目標額に掲げていた500万円の寄付を達成した。園は23日、44日ぶりに営業を再開し、動物たちとの触れ合いを待ち望んでいた親子連れらの笑顔が戻った。

 園は警察署に「落とし物」として届けられたり、ペットショップの廃業で行き場を失ったりした動物たちを飼育し、ポニーやカピバラなど約70種の動物が暮らすが4月10日から休園。飼育員の人件費や餌代を賄うために、動物を連れて保育園などに出向く「移動動物園」用の車4台のうち2台を売り払わざるを得ないほど経営が追い込まれた。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです