メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護動物園がクラウドファンディング目標達成 44日ぶり営業再開 福岡・飯塚

44日ぶりに再開した「ピクニカ共和国」。子どもたちはさっそくヤギへの餌やりを楽しんだ=福岡県飯塚市八木山で2020年5月23日午前10時27分、大坪菜々美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休園で経営危機に陥り、クラウドファンディング(CF)で寄付を募っていた福岡県飯塚市の保護動物園「ピクニカ共和国」が、当面の運営資金として目標額に掲げていた500万円の寄付を達成した。園は23日、44日ぶりに営業を再開し、動物たちとの触れ合いを待ち望んでいた親子連れらの笑顔が戻った。

 園は警察署に「落とし物」として届けられたり、ペットショップの廃業で行き場を失ったりした動物たちを飼育し、ポニーやカピバラなど約70種の動物が暮らすが4月10日から休園。飼育員の人件費や餌代を賄うために、動物を連れて保育園などに出向く「移動動物園」用の車4台のうち2台を売り払わざるを得ないほど経営が追い込まれた。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです