メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やっとできたね 福岡市立小で1カ月半遅れの入学式

窓を開けた体育館で間隔を空けて置かれた椅子に座り、マスクを着けて入学式に臨む新1年生=福岡市中央区の市立赤坂小で2020年5月23日午前9時4分、矢頭智剛撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校期間が明けた福岡市立の小学校142校で23日、当初の予定から約1カ月半遅れの入学式があった。感染対策で時間を短縮するなど簡素化されたものの、新入生は真新しいランドセルを背に、学校生活のスタートを切った。

 90人が入学した同市中央区の赤坂小では、体育館で3クラスが順番に15分程度の式を開いた。「3密」を避けるため、席の配置は1.5メートル間隔で広く取り、1クラスの式が終了する度に教職員が消毒。例年、歓迎の言葉や校歌を披露する6年生は参加せず、祝電披露なども省略した。マスク姿の新入生を前にあいさつした田中栄司校長は「まずコロナに負けないようによく手を洗い、マスクを着けるようにしましょう」と語りかけた。

 両親と参加した本多涼さん(6)は「楽しかった。算数の引き算をがんばりたい」と笑顔。父栄二さん(49)は「やっと入学式を迎えられ安心した。早く慣れてほしい」と話した。【青木絵美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです