メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猿橋賞に市川温子・京都大准教授 ニュートリノの性質解明に貢献

猿橋賞に決まった京都大の市川温子准教授=女性科学者に明るい未来をの会提供

 優れた女性科学者をたたえる今年の「猿橋賞」に、素粒子ニュートリノの性質を解明する「T2K実験」に貢献した京都大の市川温子准教授(49)が決まった。主催する「女性科学者に明るい未来をの会」(石田瑞穂会長)が23日発表した。

 市川さんはウェブ会見で「学生時代に母から取れるといいねと言われ憧れていた賞。恩返しできて感激です」と語った。

 T2Kは、茨城県の加速器から発射したニュートリノを、約300キロ離れた岐阜県にあるスーパーカミオカンデで検出する実験。これまでにニュートリノと、その対になる反ニュートリノの性質が異なる可能性が高いことを示した。宇宙初期に物質と同じ量だけあった反物質がほぼ失われ、物質だけが残った謎を解く手掛かりが得られると期待される。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです