メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猿橋賞に市川温子・京都大准教授 ニュートリノの性質解明に貢献

猿橋賞に決まった京都大の市川温子准教授=女性科学者に明るい未来をの会提供

 優れた女性科学者をたたえる今年の「猿橋賞」に、素粒子ニュートリノの性質を解明する「T2K実験」に貢献した京都大の市川温子准教授(49)が決まった。主催する「女性科学者に明るい未来をの会」(石田瑞穂会長)が23日発表した。

 市川さんはウェブ会見で「学生時代に母から取れるといいねと言われ憧れていた賞。恩返しできて感激です」と語った。

 T2Kは、茨城県の加速器から発射したニュートリノを、約300キロ離れた岐阜県にあるスーパーカミオカンデで検出する実験。これまでにニュートリノと、その対になる反ニュートリノの性質が異なる可能性が高いことを示した。宇宙初期に物質と同じ量だけあった反物質がほぼ失われ、物質だけが残った謎を解く手掛かりが得られると期待される。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです