メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

偶然か運命か、出会った二つの才能 東大アメフト部 日本一、夢でなく目標

日本代表の練習に参加した唐松星悦=川崎市中原区で2020年2月24日、黒川優撮影

 活動休止から1カ月半が過ぎていた。5月9日夜、東大アメリカンフットボール部主将、唐松星悦(からまつ・しんえ、21歳)=文学部4年=は横浜市の自宅で鬱屈していた。新型コロナウイルスという見えない敵との闘いは長期化を余儀なくされ、現役東大生として初めて日本代表にも選ばれた185センチ、125キロの屈強な肉体はエネルギーを持て余していた。ライバル校も置かれた環境に差はないが、チーム力の地盤を固めるこの時期に動けない状況は「挑戦者」により重くのしかかる。約130人の部員たちの不安げな顔が浮かぶと、じっとしていられなくなり、スマートフォンを手にメッセージを打った。「秋に勝てる状態にするため、逆算して、やるべきことにこだわろう」

 一方、就任4年目の森清之(きよゆき)ヘッドコーチ(HC、55歳)は、この試練をチームの成長の好機と見ていた。京大時代に、大学日本一を決める「毎日甲子園ボウル」、社会人王者と日本一を争う「ライスボウル」を2連覇し、指導者としても社会人Xリーグの鹿島(現LIXIL)のHCとしてライスボウルを制覇。2度の世界選手権で日本代表HCも務めた、今や国内トップの指導者だ。東大OBらの熱望で招かれて以来、肉体と…

この記事は有料記事です。

残り1938文字(全文2451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです