特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

#最後の1年

「町のシンボル」もう一花 廃校決定に続きコロナ禍 青森・五戸高サッカー部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゲーム形式の練習に取り組む青森県立五戸高サッカー部の榎本叶翔主将(右から2人目)ら。ビブスにある「魔法」の文字は「魔法のようなプレーができるように」との意味があると語り継がれているという=同校グラウンドで2020年5月22日(榎本主将提供)
ゲーム形式の練習に取り組む青森県立五戸高サッカー部の榎本叶翔主将(右から2人目)ら。ビブスにある「魔法」の文字は「魔法のようなプレーができるように」との意味があると語り継がれているという=同校グラウンドで2020年5月22日(榎本主将提供)

 緑がまぶしい丘の上にある青森県立五戸高のグラウンドにサッカー部員15人が戻ってきた。新型コロナウイルスの感染拡大で一時は活動自粛を余儀なくされたが、緊急事態宣言も解除され、日常を取り戻しつつある。全国高校総合体育大会は中止に追い込まれたが、冬の全国高校選手権は開催に望みが残る。失われた時間を取り戻すかのような気迫でボールを追い、主将を務める3年の榎本叶翔(えのもとかなと)(17)は「もう一度、必ず全国の舞台に返り咲く」と悲壮なまでの決意を込める。訳がある。創部から63年、「小さな町のシンボル」だったサッカー部の歴史に今年で幕が下りる。

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文2022文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集