メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

メディア 芸能人の政治発言 「黙っていろ」はおかしい

検察庁法改正案の成立断念を受けたツイートの一つ=ツイッターより

[PR]

山田やまだ道子みちこ もとサンデー毎日編集長まいにちへんしゅうちょう

 内閣ないかく判断はんだん検察官けんさつかんていねんげることができる法律ほうりつ改正案かいせいあんは、こん国会こっかいでの成立せいりつ見送みおくられることになりました。安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじんは18にち夕方ゆうがた官邸かんていで「国民こくみん理解りかいなくしてまえすすめることはできない」と見送みおくりの理由りゆう説明せつめいしました。

 改正案かいせいあんには、総理大臣そうりだいじん不正ふせい捜査そうさすることもある検察官けんさつかん人事じんじ総理そうり左右さゆうできるのはおかしいと、「#検察庁法けんさつちょうほう改正案かいせいあん抗議こうぎします」との文章ぶんしょうをつけたツイッターの投稿とうこうすうひゃくまんけんにのぼりました。安倍総理あべそうり発言はつげん背景はいけいにはこんな「ツイッター世論せろん」のがりがありました。

 「ツイッター世論せろん」では、俳優はいゆう小泉こいずみ今日きょうさん、浅野忠信あさのただのぶさんらおおくの芸能人げいのうじん抗議こうぎ反対はんたいこえをあげましたが、これにたいし「芸能人げいのうじん政治的発言せいじてきはつげんをするな」という批判ひはんがわきこる現象げんしょうがみられました。きゃりーぱみゅぱみゅさんは、政治評論家せいじひょうろんかにツイッターで「歌手かしゅやってて、らないかもしれないけど……」と批判ひはんされ、「ファンの喧嘩けんかたくない」とツイートをしました。おおくの芸能人げいのうじんは、なぜ発言はつげんしてはいけないのかと反論はんろん女優じょゆうあずまちづるさんはツイッターで「おバカでいてほしい?という(りゃく職業差別しょくぎょうさべつ根底こんていにあったのか」と分析ぶんせきしました。

 アメリカではハリウッド俳優はいゆう大統領だいとうりょう批判ひはんしたり、差別さべつ告発こくはつしたりするのはめずらしくありません。日本にっぽんでは、所属事務所しょぞくじむしょやコマーシャルのスポンサーに配慮はいりょして芸能人げいのうじんはあまり政治的発言せいじてきはつげんをせず、テレビもそれをいやがるという事情じじょうがあるようです。芸能人げいのうじん改正案かいせいあん反対はんたい表明ひょうめいすること自体じたいがニュースになってしまうのも日本的にほんてきです。たりまえならニュースになりません。

 みなさんも自分じぶんかんがえをはなそうとしたら「どもはだまってろ」とわれれば、ムカッとしませんか。はなし内容ないようをあれこれわれるのならともかく、「はなすな」というのはおかしいのです。


 毎日新聞社まいにちしんぶんしゃ政治部せいじぶ夕刊ゆうかん編集部へんしゅうぶ政治せいじなが取材しゅざい週刊誌しゅうかんし「サンデー毎日まいにち編集長へんしゅうちょうとして新聞しんぶんそとから経験けいけんをして、メディアに関心かんしんつようになった。1961ねんまれ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです