メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

コウチーニョは今季でバイエルン退団が濃厚…完全移籍への移行OPは失効か

情報提供:サッカーキング

バイエルンに所属するコウチーニョ [写真]=Getty Images
 バイエルンに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは、今シーズン限りで同チームを退団することになりそうだ。23日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 昨年の8月に、バルセロナから今シーズン終了時までの期限付き移籍でバイエルンへ加入したコウチーニョ。同契約には完全移籍への移行オプションが付与されていたこともあり、同選手の動向には注目が集まっていた。

 しかし今回の報道によると、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが「移行オプションは期限が切れた。我々は次のシーズンに向けてチームの計画を立てている。彼(コウチーニョ)がここでより大きな価値を示すならば、考え直すかもしれないけどね」と発言。コウチーニョがバイエルンを退団するのは、既定路線となっているようだ。

 コウチーニョは今シーズン、自身初挑戦となったブンデスリーガの舞台でここまで22試合8得点を記録。まずまずの数字を残しているものの、バイエルンはレヴァークーゼンのMFカイ・ハフェルツやマンチェスター・CのFWレロイ・サネを来シーズンに向けてのトップターゲットに据えているという。

【関連記事】
●後任を指名できるならジェラードに…クロップ監督が本音で語り尽くす【雑誌SKアーカイブ】
●11年も在籍するとは想像できなかった…ベルカンプが自身のキャリアを振り返る【雑誌WSKアーカイブ】
●過去にバルセロナへの移籍を断った5人の男たち
●ハーランドは9試合で達成…今季欧州4大リーグで最も速く10ゴールに到達したのは誰?
●フランクフルトが長谷部誠との契約延長を正式発表…引退後の去就も明らかに

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです