メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

船尾滝への道路復旧 歩道整備、あずまやも 4年ぶり 吉岡 /群馬

周辺の道路が通れるようになり見学が可能になった船尾滝=群馬県吉岡町上野田で4月

 吉岡町上野田の名瀑(めいばく)「船尾滝」の周辺は2016年夏から立ち入り禁止となっていたが、滝に通じる道が復旧し、滝を間近に見ることができるようになった。復旧にあわせて吉岡町は、林の中を歩く歩道を整備し、ビューポイント近くには休憩スペースの「あずまや」も新設した。4月から通行可能になっていたが、町はこれまで、新型コロナウイルスの感染防止のため、積極的なPRは控えていた。【増田勝彦】

 船尾滝は、榛名山中腹にあり、落差72メートル。吉岡町によると、昔は神聖な場所として滝一帯への入山は許されず、干ばつの時に下流の人々が滝つぼに集まり竜神に雨乞いの祈願をしたと伝えられている。「船尾」は「不入(ふにゅう)」の当て字ともいわれている。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです