メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

献上穀物の豊作を祈願 みやこ町で播種祭 /福岡

献上穀物の豊作を祈る「播種祭」で、苗床に種もみをまく、崎山営農組合の田中組合長(中央)ら関係者

 秋の宮中行事、「新嘗祭(にいなめさい)」に献上する米と粟(あわ)の豊作を祈る「播種祭(はしゅさい)」が23日、今年の献穀地に選ばれたみやこ町犀川崎山の崎山地区農業研修センターであった。

 新嘗祭は毎年11月23日、その年に収穫した穀物を神嘉殿に供え、天皇陛下が五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する儀式。毎…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです