メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全人代2020

中国、食習慣見直しへ 野生動物規制/料理取り分け推進

中華料理店などで頻繁に目にするようになった取り分け用の箸=上海市内で2020年5月15日、工藤哲撮影

 「食大国」の中国で、口にする動物や、食べ方などの食習慣に変化の兆しが生まれている。新型コロナウイルスの感染対策の一環で、政府が野生動物を食べることや皿や箸の使い方への管理を強めているからだ。22日に北京で開会した全国人民代表大会(全人代=国会)でも、食習慣の見直しが議論される見通しだ。

 「市場の中では売れないからこっちに来て」。江蘇省無錫市内の農作物市場の近くで15日、記者は男性に手招きされた。市場内では元々、野菜売り場の近くに生きた動物の売り場があったが、既に閉鎖され、壁の張り紙には電話番号が書かれていた。電話をすると、間もなく男性が現れた。

 市場から50メートルほど離れた場所で、生きたハトが1羽45元(約700円)で売られていた。男性によると、地元当局が最近、生きた家畜や野生動物への管理を強め、市場では取引できなくなった。「そのまま市場で売ったら罰金を取られる。仕方なく外でひそかに売っているんだ」と周囲の目を気にしていた。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです