メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

礼拝は非「不要不急」 米大統領、コロナ指針見直しへ

 トランプ米大統領は22日、教会などでの礼拝を「不要不急」とした、新型コロナウイルス感染拡大防止のための米疾病対策センター(CDC)の指針を見直す方針を表明し、全米の宗教関連施設の即時再開を促した。トランプ政権の強固な支持基盤であるキリスト教福音派に配慮したものとみられるが、米国では宗教施設や関連イベントで集団感染が発生した事例があり、再開は感染拡大の第2波につながる恐れもある。

 トランプ氏がホワイトハウスでの記者会見で明らかにした。米国の地方部ではキリスト教会など宗教施設が社会文化活動の拠点となっている地域も多く、再開を望む声も根強い。全米50州の約半数でソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保など対策を取ったうえでの一部再開が進んでおり、指針の見直し方針の背景には、2016年の大統領選当選の原動力となったキリスト教福音派への配慮があるとみられる。トランプ政権はこれま…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです