メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

母と人生の連弾 脳性まひのピアニスト 指1本で自己表現

 ターン、ターン……。右手の人さし指1本で奏でるピアノの高音がホールに響いた。スローなテンポで進んでいく澄んだ音色は、次第に数百人の聴衆を魅了していった。

 2019年9月、東京都内であった障害者ピアニストによるコンサート。岩崎花奈絵(かなえ)さん(27)がステージ上にいた。車いすから前かがみになって鍵盤を見詰め、一音一音確かめるように指先ではじく。その左隣に座った母の準子さん(58)が低音部を伴奏する。一つのピアノを2人で演奏する「連弾」。ベートーベンの有名な歌曲「君を愛す」と、ジャズピアニストのオスカー・ピーターソンの代表作「自由への賛歌」を披露すると、会場は拍手で沸いた。

 花奈絵さんは生まれつき重度の脳性まひを患い、手足が不自由だ。比較的まひが軽い右手の人さし指で演奏し、主に伴奏を担当する準子さんとのコンビで数々のコンサートに出演している。鍵盤をタッチするのは指1本だけなので難しい曲を弾くことはできない。それでも鍵盤をたたく力加減が絶妙だという。花奈絵さんが12年に入学した「国立(くにたち)音楽院」(東京都世田谷区)の講師で、楽曲を提供しているジャズピアニストの池…

この記事は有料記事です。

残り4441文字(全文4932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです