メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

オリエンタルランド 東洋一の施設目指し

 東京ディズニーリゾートの運営母体として知られるオリエンタルランド。1959年に当時の川崎千春京成電鉄社長や江戸英雄三井不動産社長らによって、千葉県・浦安地区に大規模レジャー施設を建設する「オリエンタルランド設立計画趣意書」がまとめられたのが発端。「東洋(オリエント)一のテーマパーク」を目指す関係者の意気込みから「事業名はおのずと『オリエンタルランド計画』と呼ばれるようになった」(広報)といい、それがそのまま社名となった。

 60年の会社設立時は、東京・上野の京成電鉄本社の5階を間借りして専用電話もない状況。後に社長となる高橋政知氏による漁業組合との交渉を経て、現在の舞浜地区の埋め立て工事が70年に完了した。その後、開業に向けて欧米レジャー施設を視察し米国「ディズニーランド」誘致の方針が決定、74年にディズニー首脳が来日して基本合意した。

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです