メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

仏教の教えを学びたい 非常事態に刺さる無常

東京都中央区の東京仏教学院の講義風景=浄土真宗本願寺派・東京教区教務所提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 仏教の学びに注目するシニア世代やキャリアを積んだ社会人らは多い。心安らかに、充実した人生を送るため、仏教の教えをいかに学び、生かすことができるのか。こうした世代に注目した学びのプログラムを取材した。

 元中学教師で東京仏教学院(東京都中央区)に学ぶ渡辺宣子(せんこ)さん(48)は「断片的な仏教の知識ではなく、広く全体を学びたい」と、4月に入学した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインでの授業が続くが、「当たり前の日常を覆されていく今の非常事態の日々に、『無常』などの仏教の教えが、突き刺さるように当てはまり、納得できます。講義を受けるようになって、以前より平穏にいることができています」と心境の変化を述べた。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです