メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

新型コロナ長期戦、どう対応 今回のゲスト 吉崎達彦さん

対談するジャーナリストの森健さん(左)と双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦さん=東京都千代田区で13日

 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るっている。日本では、経済と政治、医療、教育などさまざまな分野で構造的な弱点があらわになった。教訓は何か。長期戦が必至となる中、何をすべきなのか。ジャーナリストの森健さんが、エコノミストの吉崎達彦さんを招いて論じ合った。【構成・栗原俊雄、撮影・西夏生】

命とお金、バランス意識 吉崎さん

政府の責任逃れ許さぬ 森さん

 森 今回のコロナ禍が世界経済に与える影響について、リーマン・ショック以上と言われますが、どうみていますか。

 吉崎 特徴は三つで、まず世界同時であること。二つ目は需要と供給が同時に蒸発してしまった。そしていつ終わるか分からないことです。リーマンの時は供給が無事でした。また中国が安全地帯で、4兆元の財政刺激策で需要を創出しました。しかし今回はそういうことも考えにくい。三つ目でいえば、自然災害であれば起きた直後が最悪で、少しずつ良くなっていくメカニズムがある。今回の場合は、それが見えてきません。

この記事は有料記事です。

残り3145文字(全文3567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです