メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チリ地震津波60年 震災で苦しむ子の力に 家族3人失った岩手の71歳、臨床心理士目指す

受験勉強する石川量一さん=岩手県大船渡市立図書館で2020年5月21日、三瓶杜萌撮影

 岩手、宮城両県を中心に142人が犠牲となった1960年のチリ地震津波から、24日で60年を迎える。最大の被災地になった岩手県大船渡市の石川量一(りょういち)さん(71)は、父と幼い弟、妹の3人を失った。津波のトラウマに長年苦しんだが、東日本大震災で再び脅威を目の当たりにして「自分と同じ苦しみを抱える子どもたちを支えたい」と思うようになった。臨床心理士の資格取得を目指し、勉強を続けている。

 津波は突然やってきた。60年前の5月24日早朝。消防車のサイレンを枕元で聞き、火事だと思って飛び出すと、目の前に水が迫っていた。両親と自分、弟、妹の家族5人はバラバラに逃げたが、生きて再会できたのは母だけだった。

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです