メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸小学生殺傷23年 元少年に「手紙書くべきだ」 土師淳さん父が手記

 神戸市須磨区の小学生連続殺傷事件(1997年)で小学6年の土師(はせ)淳さん(当時11歳)が殺害されてから23年となる24日に合わせ、父守さん(64)が報道各社に手記を寄せた。加害者の元少年(37)については、今年も手紙が届かなかったことを明かしたうえで「(なぜ淳さんの命が奪われなければいけなかったのか)答える義務がある」と訴えた。

 手紙を巡っては、2004年から代理人が預かり遺族に渡していたが、15年に元少年が遺族の承諾なしに手記を出版したため、以降は遺族側が受け取りを拒否している。18年からは届かなくなった。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです