メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸児童連続殺傷23年 「元少年、手紙書くべき」 土師淳さん父が手記

 神戸市須磨区の小学生連続殺傷事件(1997年)で小学6年の土師(はせ)淳さん(当時11歳)が殺害されてから23年となる24日に合わせ、父守さん(64)が報道各社に手記を寄せた。加害者の元少年(37)については、今年も手紙が届かなかったことを明かしたうえで「(なぜ淳さんの命が奪われなければいけなかったのか)答える義務がある」と訴えた。

 手紙を巡っては、2004年から代理人が預かり遺族に渡していたが、15年に元少年が遺族の承諾なしに手記を出版したため、以降は遺族側が受け取りを拒否している。18年からは届かなくなった。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです