メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ にぎわい、もう一歩 3府県緊急事態解除後、初の週末

緊急事態宣言が解除され、少しずつ人通りが戻りつつある南京町=神戸市中央区で2020年5月23日午後0時42分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が大阪、兵庫、京都の近畿3府県で解除されて初の週末となった23日、営業を再開した観光名所や娯楽施設などには久しぶりに家族連れや観光客らの姿が戻った。ただ感染拡大前に比べると人出は少なく、訪れた人たちもマスクを着けたり手や指を消毒したりしながら、それぞれの休日を過ごした。

 神戸市中央区の中華街・南京町では、人気豚まん店に行列ができ、買い物や食事を楽しむ人もいた。兵庫県宝塚市から友人と訪れた主婦(53)は4月から外出を控え、買い物も自宅マンション内の店舗で済ませていたという。買い物袋を手に「(宣言解除を)待ちに待っていた。久しぶりにランチやショッピングを楽しんだ」。豚まん店に並んでいた神戸市の大学1年、山田智英さん(18)も「大学もオンライン授業。カラオケには行く気…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです