メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・心のサプリ

基準ファースト=海原純子

 病気やケガで勤務を長期間休んだ後、復帰する場合の手順についてご存じですか?

 ほとんどの職場で必須なのは、復職して大丈夫であるという主治医の診断書だ。この診断書を職場に提出するのだが、社員が50人以上の会社や事業所の場合は、産業医がいるので、面談を受けてもらう。産業医は主治医と違って、会社の勤務の実態を把握しているから、勤務の内容について、その方の回復状況と照らし合わせて調整して復帰に向けて舵(かじ)をとる。

 面談時に、その方が復帰可能かどうかを判断する基準がある。それは、「生活リズム」が整っているかどうかという点だ。勤務する際の、朝の起床時間にきちんと起床できて、身支度をしたり、昼間本を読んだり、近くを散歩したりするなどの活動ができて、夜は勤務している時と同じくらいの時間に就寝というリズムである。これを復帰1カ月前くらいから視野に入れて体調を整える。どのくらいの期間その生活リズムを確認するかは、産業…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです