メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

年金受給75歳まで繰り下げがいい?

 Q 年金の受給開始を将来的には75歳まで遅らせることが可能になるとききました。65歳からの受け取りを見送ろうかと考えています。給付額を増やすために75歳まで繰り下げた方が良いでしょうか。(男性、60代)

 A 現行では受給開始年齢を70歳まで繰り下げることができますが、2022年4月からは75歳まで受給開始年齢の繰り下げが可能となります。年金は長生きなどに備える保険ですから損得勘定で受給開始年齢を選択するものではありませんが、予備知識を得て納得した上で選択したいですね。

 受給開始を1カ月遅らせると年金額が0・7%増額されますから、75歳に受給を開始すれば終身で年金額が84%増えます。受給のタイミングを遅らせることで受給額を増やせるのですから魅力的ですね。ただし、加給年金や振替加算は増額されず、繰り下げ待機中は受給できないことを知っておきましょう。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです