メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

昔々、アナトリアで 夜と陽、表現狂いなく 生のありかた考える

 映画は映画館で見る方が絶対いいに決まっている。その当たり前の原則を確認したうえで申し上げますが、日本の映画館では上映されなかったので、DVDや動画配信でしか見ることのできない映画もあります。

 今回ご紹介する「昔々、アナトリアで」もそのひとつ。ヌリ・ビルゲ・ジェイランは、この人の映画なら見なくちゃという監督でして、「雪の轍(わだち)」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルム・ドールを受賞しました。その前作に当たるこの作品もカンヌでグランプリを受賞したんですが、これまで日本では劇場未公開。掘り出しものを見る期待でいっぱいです。

 とはいえ、公開されなかった理由がわかる気もします。だってこの映画、始まってから50分余りの間、アナトリアの荒れ地を日没から夜中まで、車3台があてもなく行くだけなんです。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです