メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米サンフランシスコ観光名所で火災 ノルマンディー上陸作戦支援の輸送船は無事

 延焼を免れた輸送船「ジェレマイア・オブライエン」=サンフランシスコ(AP=共同)

[PR]

 米カリフォルニア州サンフランシスコの観光名所、フィッシャーマンズワーフで23日早朝(日本時間同日夜)、火災が発生し、倉庫などを焼失した。近くには第2次大戦時に活躍した輸送船「ジェレマイア・オブライエン」が停泊しているが、消防隊が延焼を食い止めた。米メディアが伝えた。

 当局が出火原因を詳しく調べている。火災は午前4時ごろ発生。消防隊約150人と消防車両、消防艇が出動し、午前10時までに鎮圧状態となった。

 ジェレマイア・オブライエンは1943年に就役。大戦中、英仏海峡間で人員や物資を輸送してノルマンディー上陸作戦を支援した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです