特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録に暗雲 コロナで現地調査実施に不安

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
函館市の大船遺跡。緊急事態宣言中で来場者はほぼいない=2020年5月20日、真貝恒平撮影
函館市の大船遺跡。緊急事態宣言中で来場者はほぼいない=2020年5月20日、真貝恒平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「北海道・北東北の縄文遺跡群」が目指す2021年の世界文化遺産登録に暗雲が漂っている。道によると、登録に向けた審査である国連教育科学文化機関(ユネスコ)による諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)の現地調査が今秋に予定されているが、実施できるか不透明で、関係者の間では不安が広がっている。道や自治体は「粛々と準備を進めるしかない」としているが、登録を後押しする活動も関係施設の休館や自粛で停滞している。【真貝恒平】

 北海道・北東北の縄文遺跡群は、青森県の国内最大級の縄文集落跡「三内丸山遺跡」など4道県の17遺跡で構成。1万年以上前から定住し採集、漁労、狩猟の暮らしや祭祀(さいし)などの文化を伝える内容で、道内は函館市の大船、垣ノ島両遺跡、千歳市のキウス周堤墓群、伊達市の北黄金貝塚、洞爺湖町の入江、高砂両貝塚の6遺跡が対象。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文924文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集