カブトムシ幼虫、北に生息するほど早く成長 冬に備え餌の量多く 山口大助教ら発表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カブトムシの幼虫=山口大学理学部の小島渉助教提供
カブトムシの幼虫=山口大学理学部の小島渉助教提供

 山口大理学部(山口市)の小島渉助教の研究グループは、国立台湾師範大学(台湾台北市)の林仲平教授と共同で、カブトムシの成長速度が緯度に沿って変化し、北に生息するカブトムシの幼虫ほど早く成長するという研究結果を発表した。11日、イギリスの学術誌に掲載された。

 研究は、日本の各地域と台湾計14カ所に生息する同種類のカブトムシの幼虫約1000匹を飼育して実施した。25度の気温設定や同じ餌を与えるなど条件をそろえ、各集団間の成…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集