群馬の名瀑「船尾滝」 4年ぶり道路復旧 歩道やあずまやも整備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
周辺の道路が通れるようになり見学が可能になった船尾滝(4月撮影)=群馬県吉岡町上野田で2020年4月15日午後2時17分、増田勝彦撮影
周辺の道路が通れるようになり見学が可能になった船尾滝(4月撮影)=群馬県吉岡町上野田で2020年4月15日午後2時17分、増田勝彦撮影

 群馬県吉岡町上野田の名瀑(めいばく)「船尾滝」の周辺は2016年夏から立ち入り禁止となっていたが、滝に通じる道が復旧し、滝を間近に見ることができるようになった。復旧にあわせて吉岡町は、林の中を歩く歩道を整備し、ビューポイント近くには休憩スペースの「あずまや」も新設した。4月から通行可能になっていたが、町はこれまで、新型コロナウイルスの感染防止のため、積極的なPRは控えていた。【増田勝彦】

 船尾滝は、榛名山中腹にあり、落差72メートル。吉岡町によると、昔は神聖な場所として滝一帯への入山は許されず、干ばつの時に下流の人々が滝つぼに集まり竜神に雨乞いの祈願をしたと伝えられている。「船尾」は「不入(ふにゅう)」の当て字ともいわれている。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文616文字)

あわせて読みたい

注目の特集