メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪の重圧、通じ合う心 前畑秀子さんと人見絹枝さんの交流 学生が番組製作

前畑秀子さんを紹介するドキュメンタリー映像の場面

 日本人女子初のオリンピック金メダリスト、前畑秀子さん(1914~95年)の生涯を描いたドキュメンタリー映像を、前畑さんの後輩にあたる椙山(すぎやま)女学園大(名古屋市千種区)の学生が製作し、25日から動画投稿サイト「ユーチューブ」の同大公式チャンネルで公開を始める。日本人女子初のメダリスト、人見絹枝さん(07~31年)との交流を示す記述が残る前畑さんのアルバムも公開する。6月以降、名古屋市や愛知県一宮市などのケーブルテレビでも放送される。

 和歌山県出身の前畑さんは29年、椙山第二高等女学校(現椙山女学園中高)のプールで模範水泳したことをきっかけに、当時の学園長・椙山正弌(まさかず)氏の勧めで和歌山の高等小学校から同女学校に編入。椙山学園長宅の2階に下宿し、前年に完成した学校の室内プールで競技に打ち込んだ。

 椙山女子専門学校(現椙山女学園大)進学後、32年にロサンゼルス五輪200メートル平泳ぎで銀、36年ベルリン五輪では同種目で優勝した。学生時代の8年と、メダル取得後の勤務で12年の計20年間、椙山女学園で過ごした。

 作品は「金メダル以上の価値 前畑秀子のメッセージ」(約20分)。作ったのは椙山女学園大文化情報学部の栃窪優二教授(映像ジャーナリズム論)のゼミ生(4年生)12人。今年開催予定だった東京五輪…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです