メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前畑秀子さんと人見絹枝さんの交流記録 女子スポーツの立役者 名古屋で確認

前畑さんのアルバムに残る人見さんの写真②(いずれも椙山女学園歴史文化館提供)

 日本女子初のオリンピック金メダリストの前畑秀子さん(1914~95年)と日本女子初のメダリスト、人見絹枝さん(07~31年)の交流を示す記述が前畑さんのアルバムに残されていた。アルバムは前畑さんの母校「椙山(すぎやま)女学園」(名古屋市)に保管されている。同時代を生き、日本女子スポーツの礎を築いた2人の交流の記録は、これまでほとんど見つかっておらず、専門家は「両者のつながりを示す貴重な資料」と話している。

 人見さんは岡山市出身。大阪毎日新聞(現毎日新聞)運動課記者だった28年、アムステルダム五輪陸上800メートルで2位に入り、日本女子初のメダリストに。一方、和歌山県出身の前畑さんは椙山女子専門学校(現椙山女学園大学)の学生だった32年にロサンゼルス五輪200メートル平泳ぎで銀、36年のベルリン五輪では同種目で優勝し日本女子初の金メダルを獲得している。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです