メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

東京入管、コロナで混乱 施設3密「感染恐怖」知って 収容外国人、不信と不安拡大

東京入管前での抗議デモでは「入管は3密だ」の声も上がった=東京都港区5月6日

 新型コロナウイルスの感染拡大が、入管施設に収容中の外国人たちに影を落としている。4月下旬、東京出入国在留管理局(東京都港区)では、収容生活への不安を訴えていた外国人女性を、複数の男性職員が力ずくで床に押さえつけるなどの「制圧行為」が発生。「3密」(密閉、密集、密接)による収容者のコロナ感染も懸念され、弁護士や支援者の間に抗議の声が広がっている。

 5月6日、東京入管の周囲では約40人の市民が冷たい雨が降る中、抗議デモを行っていた。「収容者の虐待を許さないぞ」「入管は拷問をやめろ」――。デモ参加者らが「虐待」と非難する問題が起きたのは4月25日、収容施設内でのことだ。

この記事は有料記事です。

残り2500文字(全文2786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです