メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま文化は

新型コロナ 「仮設の映画館」続行 自宅で新作鑑賞、ミニシアター支援 想田和弘監督ら主導

「精神0」の一場面。仮設の映画館と“リアル”映画館で上映されている=Ⓒ2020 Laboratory X, Inc

客足戻るまでの支えに

 新型コロナウイルス対策の休業要請が解除され、ミニシアターが徐々に再開し始めた。しかし、座席数を減らすなど感染防止策が求められ、厳しい経営が続きそうだ。ウェブサイト「仮設の映画館」は上映予定作品をインターネットで有料配信し、休館中の劇場を支援してきた。困難な状況を受けて“リアル”映画館の再開後も当面配信を続け、ウェブとの両輪で収益確保につなげる。

 「仮設の映画館」(https://www.temporary−cinema.jp/)は4月、最新作「精神0(ゼロ)」の公開を控えていた想田(そうだ)和弘監督と配給会社「東風」を中心に開設され、これまでに同作を含む約10作品を配信。観客はサイトで見たい映画、全国のミニシアターから応援したい劇場を選択。鑑賞料金(基本1800円)から諸経費を引いた額が劇場と配給会社、製作者に分配される。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです