新型コロナ 矢吹の飲食店に恩返し 弁当のドライブスルー販売を企画 神奈川出身・飯塚さん /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「居場所」で心の支えに

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い外出への抵抗感が続く中、矢吹町役場駐車場で24日、車に乗ったままドライブスルー形式で町内の飲食店の弁当などを買えるイベントがあった。企画したのは、地域おこし協力隊員として県外から移住した飯塚智崇(ともたか)さん(24)だ。「地域のため、自分のできることをしたい」と意気込む。

 飯塚さんは神奈川県厚木市出身。幼少期に、祖父に連れられて里山で虫取りをした経験から「自然に関わる仕事がしたい」と岩手大農学部に進学。自然豊かな地方での暮らしに憧れていたこともあり、2019年に同町の協力隊員になった。SNSを使って町の魅力的なスポットを発信したり、若い人が集まるイベントを企画するなどの仕事をしている。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文847文字)

あわせて読みたい

注目の特集