メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜大空襲75年 戦争孤児、生まぬため 89歳、小学校で語り部 /神奈川

「もう二度と戦争孤児を生んではならない」と語る梅津政之輔さん=東京都世田谷区で

 推定8000人の死者が出た横浜大空襲から29日で75年を迎える。当時、横浜市内の学校に通っていた梅津政之輔さん(89)=東京都世田谷区=は戦争孤児の姿に胸を痛め、子どもたちに同じ思いをさせないために自身の体験を次世代に語り継いでいる。「与えられた情報をうのみにせず、自分で考えて行動してほしい」。かつての軍国少年は今、戦争のない平和な世界を願って子どもたちにメッセージを送っている。【宮島麻実】

 梅津さんは当時、横浜市境からわずか30メートルの距離にある川崎市の社宅に、母親と幼い妹と3人で暮らしていた。旧制横浜第二中(現県立横浜翠嵐高校)の3年で、徴兵され家を空けていた父親に代わって家族を守らなければならないと気負っていた。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです